グルメ番長、略してグル番によるお食事日記。美味しかった店、気になる店に加えてお取り寄せなんかもしてたりして。写真はすべて携帯での撮影なので、画質についてはご容赦!


by panemo
いつもお世話になってます! 魚かつさん。
ばーちゃんの誕生日やら敬老の日やらママンの誕生日やらはお取り寄せの日々。今回お願いしたのは、期間限定の黒鯛活き〆。30センチオーバーが3尾入って3990円でございました。まあステキ。

家ではばーちゃんが宅配便を受け取っておいてくれたので、オイラはそれをさばくために会社を早退w
切れない包丁で苦労しましたが、メス2尾オス1尾で卵も立派、白子も立派、もちろんレバーもぴっかぴか☆
おかげで3尾とも立派なゴハンに仕上がりましたとさ♪
a0026115_0383320.jpg

作ったモノ:ブイヤベース、アラ煮、刺身、ヅケ、鯛飯

もちろん一晩では食べきれなかったので、3日に分けて、お弁当にも持っていって完食でゴザイマス。自分でいうのもなんですが、おいしかったよー!!

#鯛飯作るのに、ばーちゃんがあらかじめ玄米を研いじゃってたのだけがちょいと残念だぜっ。
[PR]
by panemo | 2007-09-05 00:39 | おうちゴハン
東京駅の八重洲北口が、グルメストリートに生まれ変わったのは去年の10月くらいだったでしょうか。有名店のセカンドとかコンセプト違いのお店が入ってたりして、けっこう興味を持ったものです。

その中で、から気になっていたかつ玄に行ってきました。
実はこのちょっと前にVVV6で取り上げられていたので、「やべー、TV出ちゃったよ! 行きたいけど混みそう~(>_<)」と、数週間我慢してから行ってみたのですが、お昼の時間帯を外したこともあって、よゆーで入れました(笑)

a0026115_23431491.jpgそして肝心のカツ丼。「香味塩かつ丼」という名のそれは、お肉はヒレかロースかが選べます☆オイラはロースを選択。ジュースィでございましたよ♪
お味はと言えば、もともと塩だれもかかっているのですが、備え付けの大葉玄米塩をぱらぱらとかけつついただくと、またいいッスね。じゃこがトッピングされたキャベツは、それ用のドレッシングでもいいのですが、このお塩をかけて食べるのがオイラはおいしかったです(^^)

そして、ここのカツ丼は「とんかつ茶漬け」としても食べられるようになっていて、あとからだし汁がやってきます。
でも、せっかくの衣がべしょべしょになってしまうので、茶漬けにしないほうがおいすぃかもしれないです。あと、器の形状からも、底の方に最後に残るご飯粒が取りにくくなっちゃってf(^^;
とんかつ茶漬けなら、新宿のすずやのほうが好きだなー。こっちのは衣がべしょべしょになってもそんなに気にならなかった記憶があるのはなんでだろ。あ、でも、それももう4年くらい食べてないからな。。。記憶違いか? 脂っこいから、それでもともと衣が比較的ウェッティなのかしらん?

ともあれ、かつ玄のお塩はおいしいので、気になる方はぜひどうぞ♪
[PR]
by panemo | 2005-07-20 23:44 | 外食
生魚食べたいね~ 日本酒飲みたいね~ と、入った先は新潟銘酒館。ちょーっと敷居が高そうだったからいつも素通りしていたんだけど、この日は思いあまって思い切って入店! でも、くつろげるよいお店でしたのよ~♪

a0026115_16475740.jpg大好きな馬刺はタテガミの脂つきで大満足☆ 塩で食べる豚の天ぷらもお酒が進みます。あとは、オイラの大好きな莫久来(ばくらい)が置いてあったのも高ポイントです♪ ああ、青森からまた莫久来取り寄せないと・・・ あそうそう、なぜか四川風冷や奴(だったかな?)をサービスしていただきました。良いお客に見えたのかしら?(笑)


お酒は、生は1杯だけにして日本酒モードへ。四合瓶をとりあえず1本ということで、オススメという麒麟山の純米。すっきりして飲みやすいお酒で、さくっと1本が空になり、追加で300mlの八海山の一番高いヤツ。量は半分なのに、さっきの麒麟山と値段はほぼ一緒という、清水舞台的注文をしてしまった我々でしたことよ。。。(あ、ちなみに2人で飲んでおります)

へろへろになりつつ、このあと2軒目の居酒屋でさらに生を2杯飲んじゃったりしちゃったり。この日はタフだったのね>オレ。ちゃんと覚えてるしね~(笑)
この調子で、今年も飲み生活を送りたいものですわ☆
[PR]
by panemo | 2005-04-04 16:52 | 外食
昔はサワー程度しか焼酎が飲めなかったオイラもすっかりオトナになって(笑)、ロックはがんがんイケる野郎になりますた(未だにお湯割りはあまり好きではないけど)。

で、焼酎が飲みたい気分のこの日、前から目をつけていた銀座 一の屋に行ったのでございます。門仲にあるのは知っていたのだけど(何故か開店時にDMが届いた)、その支店が昨秋銀座にできたなりね~♪

a0026115_23592447.jpgメニウはどれもこれも惹かれるカンジ。お値段は安いとは言えないけど、まあ高すぎずってとこかな~? なんといっても焼酎の品揃えが多いなあ。芋だけでA41枚分くらいあるし☆ なので、焼酎に走るのを見越してつまみをチョイス。へしこがあるのが珍しくて嬉しいッス(^^) ちびちび食べましたとも♪ あとはたら白子ねぎまぶし、手羽先の昆布〆岩塩焼き、千代幻豚の肩肉炭火焼き、牛すじ小鍋コトコト煮、とろ~り生湯葉と温泉玉子の一番出し仕立て、穴子の白焼き、すっぽん雑炊!

a0026115_01444.jpg・・・2人でよく喰ったな~(笑)
全部おいしかったけど、特に手羽先はお肉が弾力あっておいすぃ~ 昆布が埋め込まれてるのがまたおもしろい☆ 牛すじは、大根と煮てあるのかと思いきや、その大根に見えたモノはアキレス腱だったみたい! コラーゲンぷりぷりですよぉ♪ すじ最高!
で、焼酎は、黒糖の三年寝太蔵、芋のあやかし福助、南薫、ひとり歩き、宝山 蒸撰綾紫をロックで。あ、これはオイラ1人で飲んだ分ですからねf(^^; 飲み過ぎ? 飲んだことないのをセレクトしてみたんだけど、どれもおいしかったッス。なんか最近黒糖焼酎好きかも・・・
[PR]
by panemo | 2005-02-20 00:06 | 外食
先日このブログでも「メモメモ」したつきじ 高野。ランチでさまよった挙げ句、本願寺近くまで来てしまったので一念発起で行ってみることに。

もう13時半近くになっていたので、運が悪ければランチも終了してる時間帯。でも、風情のある店先にはまだ看板が出ていてラッキー♪ 先客もいらっしゃったので、ほっとしてカウンターへ。接客してくださったお姉さんも感じよかったし、調理場のヒトもにこにこしててなんかこっちも微笑んでしまう(笑)
a0026115_0333626.jpgお料理は、焼き魚だけでも5種類くらいあったので迷えます(^^) オイラはこの日はお口が「塩焼きモード」だったので、迷わず「鰺の塩焼き」定食にしました。
焼き魚はちょっと時間かかるみたいだったけど、ちゃんと串に刺して塩を振るところから始めていて感動☆ もちろん、レンジでチンが出てくるわけはないのはわかっているけど、蒸気たっぷりのグリルでじっくり焼いたものがランチでいただけるなんて嬉しいじゃないですか~☆ 出てくる間は、先に出されたブリのあら煮のお鉢などをいただきつつ、目の前のグリルを見つめておりました(笑)

これにお味噌汁、ごはんつぶ、デザートに果物をいただいて1300円ですが、この鰺また大きくてねえ。身は実にジュースィで、骨離れもよくてペロリですよ~! ヒレには化粧塩も施してあるので、なんか凄く充実感満載のランチ♪ 幸せ~

少々会社から歩くのが難ですが、これならまた伺います! 次も焼き物かな☆
[PR]
by panemo | 2005-01-31 00:33 | 外食
部の新年会&バイトさん送別会を兼ねて、「アンコウ鍋が食べたい」との要望を受けたグル番(=オイラ)がチョイスしたのはほていさん。以前に「アンコウ」でネット検索をしていたときにひっかかったお店だったよーな。月島にあるなら行きやすいしということで、定期的にグルメ会を催す友人などなどに「いつか行くべし!」とお知らせしまくりましたがねー。

でもなかなかみんなの都合が付かず、結局会社の人間と行くことに(笑)。まあ、うちの部のおぢさまたちは嬉しいことに「おいしいものが食べられるなら電車に乗って飲み会に行くのも苦ではない」という方々なので、月島まで連れていきましたともさあ。

a0026115_1715432.jpg月島と言えばもんじゃなんだけど、路地裏にこんないいお店があるのね~ わざわざ電車に乗った甲斐がありました☆ ウワサ通り、鍋の前に出るお刺身は厚切りでプリプリで。ウニもぜんぜん生臭くないし。それに、なんと言ってもシャコが美味しくってさー!! 子持ちではなかったけど、「あー、シャコって意外とジュースィなんだ」と感心しますた。
そしてお刺身が食べ終わらぬうちにカセットコンロと土鍋登場。こっそりフタを開けてみると、そこには味噌混ぜて嵩を増やしたんじゃないかと思うくらい大量のあん肝が一面を覆っておりました(もちろん混ぜてなくて、全てがあん肝。わーたまらん)。
沸騰してきたらあとはお店のおねいさんが肝を溶いてくれて、お皿にも盛り分けてくれて。だからこちらはひたすら食べるほうに専念できちゃいます。
もうねー、アンコウの身もほんとたっぷりなのよぅ。スープはお出汁でまくりだしね。小どんぶりくらいの大きさの取り皿に2杯分くらいの割当になるけれど、ほんとお腹いっぱいになりますわ。

そして〆はもちろんお雑炊です☆ ああ濃厚なエキス。卵と万能葱の歯触り。かなりお腹いっぱいなんですけど箸が止まらず完食でございます。
最後にはお新香(キュウリと大根)も出していただけるので、のんびりお茶など飲みながら食後の語らいをするもよし。2時間半制なんだけど、さくさくと食べ物が出てくるし仕切ってくれるので、意外と最後はたっぷり時間あります。
でも、うちらより30分ちょっと遅れてきたのに、30分早く帰った隣の8人組はなんつースピードで食べてたんだ。。。

予約は最低2週間前くらいがよさそうな気配。オイラが伺った日も満席で大にぎわいさあ。
ちなみに生ビール2杯に焼酎(ボトル)飲んで、@7000円でした。安いほうだぜよ。一度は行ってみて♪

そして帰りはぽんぽんのお腹に不安を抱き、徒歩で帰宅してみました。。。w
[PR]
by panemo | 2005-01-19 17:08 | 外食
「蒸さずに焼く関西風のウナギ」として有名なひょうたん屋。ご無沙汰してましたが、後輩から「今晩は徹夜必至なので、昼にウナギ食べてから青汁も飲みたいです」とメッセが届いたので(笑)「じゃ、ひょうたん屋行くべ」と足をのばしてみた。注文は「中」。昼だけ「並」ってのもあるけど、たいてい売り切れなのだ。
でもってお味は・・・

a0026115_20195814.jpg


うん、ウマーです♪




ボーナスが入ったら、一度特上でも食べてみっかな・・・
[PR]
by panemo | 2004-12-09 20:17 | 外食