グルメ番長、略してグル番によるお食事日記。美味しかった店、気になる店に加えてお取り寄せなんかもしてたりして。写真はすべて携帯での撮影なので、画質についてはご容赦!


by panemo

<   2005年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ピースボートに乗って数カ月旅立つIコを送る会@串若丸
彼女が中目黒在住時に一度一緒に行ったことがあるから別の店にしようかとも思ったんだけど(例えば村上製作所とか。ずっと行こう行こうと言いつつ早2年・・・)、6人集まったのでわいわいやりましょ、と結局こっちに来ちゃったのでした。中目黒に事務所のあるデザイナーさんに連れてきてもらって以来、中目黒では好きなお店でやんす。

a0026115_2121176.jpg遅刻組がいたので、まずは4人でスタート。2本ずつ取ってたくさんの種類を食べましょ♪ と注文したのは、写真上から、左に見えるのがもちベーコン、右がサーモン、穴子の白焼き。サーモンは脂乗ってるし穴子はわさびがいいアクセントでウマイんだあ。2番目のがうずらの玉子、生タコバジル、ささみ焼きの納豆のせ。次が、ネギまみれになってるのがせせり。いい歯ごたえ。ネギたっぷりで大好き☆ あとはぼんぢり。ジュースィで好き☆ そして一番下がイクラごはん。自家製のイクラみたいだったけど、オイラの好きな味。醤油漬けウマー。鶏スープ付きざんす。
そのほかにも砂肝、つくね、トマト巻き、もずく酢、お新香・・・あと数本頼んだよーな? あ、明太おにぎりも頼んだなあ。満足満足。もう食べられないよぅってくらい頼んで、1人2~3杯飲んで@3500円くらいだったのでやっぱ大満足ですわ。うまうま。

2次会はchano-maへ。串若丸で食事ができなかった遅刻組がゴハンもできるところ、というチョイスで行ってみたのですが、いつも混んでそうなのに今日はすんなり入店できてラッキー♪ 高台になってるマットレス席の一番奥に案内されたので、ちょっと閉鎖空間な感じでくつろげました。しかしあのマット、適度な硬さでキモチイイ~ うちのベッドに使いたいくらいよ! 早くベッドの上、かたさなきゃ!
[PR]
by panemo | 2005-05-13 21:21 | 外食

干し肉を作ってみました

先々月くらいのdancyuは肉料理特集でした。
その中で作ってみたいのがいくつもあったのですが、そのうちのひとつ、平松洋子さんレシピの「五香粉の干し豚」を作りました☆

作り方はカンタン。豚バラ肉に五香粉、塩、コショウを混ぜたものを揉み込み、針金などで引っかけて丸1日風通しの良いところにぶら下げておくだけ♪ 塩漬けにするのと同じなので水気が出てきますから、干したところの下には受け皿を置くか、水気が垂れてもいい場所を選んで干します。

a0026115_0273227.jpg1日経つと表面は乾き、ちょっと身が締まります。それを今度はグリルへGO。最初は強めの火で焼き色を付けて、あとは弱火でじっくり15分ほど。オイラは途中で1回返しました。
そしたらまあまあ、なんとも旨味の詰まった肉塊(わーステキな字面!)がじゅーじゅー言っててシズりまする~☆

干すことで旨味が凝縮されますし、五香粉の風味と相まって、おいすぃ一品になってくれました。メインのおかずとしてもよし、細かめにスライスしてサラダのトッピングにしてもよし。これからは気温が高くなるからちょっとキケンだけど、涼しい日にはまた作ってみたいッス!
[PR]
by panemo | 2005-05-10 00:26 | おうちゴハン
お昼どきを少々外してしまい、開いてるお店を探してふらふらと銀座方面へ。
ふと思い出して向かったのはふかのひれ 堂堂堂。その名の通り、フカヒレをウリにしているお店でございます。ランチだと1000円からフカヒレ入りのゴハンが食べられますのよ。しかもランチタイムは15時まで(とHPに書いてあるけど、16時くらいまで大丈夫だったような気が・・・)。ともあれランチ難民になったときには重宝するお店です。

で、初入店。入ってみたらば、やはりランチタイムから外れていたせいかお客さんいなかったよ・・・雨も降ってたしね。・・・いやーん独り占めじゃーん☆
さて、席に着いてメニウを見ると、「ふかひれ雑炊」とか「ふかひれ土鍋めし」と書いてある横には、嬉しいことにそのメニウのコラーゲン含有量までも記されております♪ 寒い日だったので土鍋ごはんにも惹かれたんですが、せっかくだから含有量多めの「ふかひれ八彩膳」をチョイス。写真の通り、小鉢がたくさんついた目にも楽しいお膳でございました。

a0026115_081855.jpg左上からサラダ、下に行ってふか皮のポン酢掛け、プチフカヒレ、右に行って山菜、野菜のマリネ(かな)、右に行って子持ちイカの和え物、その下のフタがしてあるのはフカヒレの琥珀寄せ。その右が小芋の煮っころがしみたいの、んで最右列が中華スープにひじき入りご飯。ほーら具だくさん(微妙に違)
でも小鉢なので量はさほど多くないんです。楽しんで食べられますな。まあ、温かい系のおかずはスープだけなのがちとさみすぃかも? でも満腹満腹♪ お茶も最後に新しいのをまた出してくれるし、薬を飲もうとテーブルに薬出したらめざとく見つけてくれて、頼まなくてもお水持ってきてくれたし。気持ちの良いお店ですね(^^)
また別のメニウを食べに行きたいと思いまっす♪
[PR]
by panemo | 2005-05-10 00:07 | 外食
珍しく家族で外食に出かけてみました。だってママンが「GWくらい家族でお出かけしたい」って言うんですもの。。。

やれ三崎だ房総だ「花の名所がいい」だ言った挙句「(オイラの)行きたいところでいいわよ~」だって(ーー; アンタたちが出かけたいって言ったんじゃないのよおぅっ なんでオイラが決めにゃならんのよおぅっ

つーわけで「あー、じゃあ中華街でも行く?」ってことで一路中華街へと向かったわけです。
一番提携店舗の多い(=無料券をもらえる)パーキングビルにクルマ入れて、まずは大通りを散策。しかしさすがGW、人出の多いこと多いこと。ただでさえちっちゃいうえに歩みの遅いばーちゃんを見失わないように振り返り振り返り歩くのはなかなかタイヘン(笑)

で、まずは腹ごしらえしましょうかと福満園へ。パーキングの目の前にこの福満園の新館があって、先にそこものぞいたのだけど、「まあもっとほかも見てからにする?」なんて言って、結局本館のほうにきたのです。ただ、今思えば、本館は「四川&福建料理」、新館は「上海&福建料理」なので、醤油系上海料理(たとえば黒チャーハンとか)食べられる新館にするのも手だったかなあ、という気も。。。

ま、それはさておいても、もちろん本館だって2月に食べにいってるので美味なのは十分承知♪ 今日は家族3人ですから、いろいろ頼みましょうね~と、ちょっと並んでから入店。8人は座れる丸テーブルに相席でしたが、もう1組は2人連れだったので間隔もあって窮屈さもなく、ゆったりランチできました。

a0026115_1925151.jpg頼んだのは、写真は上から順に「海老のピーナッツ唐辛子炒め」「福建風焼きそうめん(だったかな? サブタイトルで『長寿麺』とも書いてありました)」「福建風回鍋肉(腐乳風味)」「太平燕(ワンタン入りスープ)」。ほかに牡蠣のお好み焼き(絶品!)も食べましたのだー。

海老は写真でもわかると思いますが非常にぷりぷり☆ 唐辛子風味もさほど辛くなく、非常においしゅうございます。焼きそうめんはちょっと油っぽかったけど、お酢をかけていただけばさっぱり♪ よくあんかけ系のお料理にお酢かけたりしません? あの感覚です。面白いことに、さすが福建料理、具にはマテ貝やら小指の先ほどの大きさの牡蠣やらが使われてます。風味があっておいすぃ~(^^)
回鍋肉はお味噌系のコッテリ味。これが腐乳の味かしら? いやいや、多分お味噌も使われてるんだとは思いますが、もうねー、白いご飯が必須の味なんですよぉ。でも、麺ものが先に来ちゃってますし、しかもそれもそれなりに味の濃いものでしたからねー、そのままいただきましたけど、これ、若者だったら絶対ドンブリご飯イケますわあ。
そして〆のスープは具だくさんの太平燕(タイピーエン)。ワンタンはお肉の味がちゃんとしておいすぃ。もうひとつ入っている具はうずらの卵を揚げたものでした。あとは青菜に春雨。でも、このスープの醍醐味はその風味にあります。
福建料理は「酸筍」という、タケノコを発酵させたものを使うのが特徴なんだそうな。つまり、ちょっとつーんとするニホヒがするわけで、苦手な人にはツラいらすぃ。多分、すっぱくなったキムチがさらにイっちゃったみたいなニホヒなんじゃないかなあ。
んで、このスープにも当然それが使われているのです。でも、こちらが福建初心者ということを知ってか知らずか、おそらくほんのり抑え気味。でもたしかに感じる、すっぱいような、なんとも言いにくい風味。ママンも不思議そうな顔をして飲んでいたので説明したら、「なるほどねえ」と納得してましたわ。

a0026115_1948667.jpgさて、そのあとは同發で皮付き焼豚を買い、重慶飯店で点心とかお土産を買い、茶房 翠華でお茶なのです。
このお店は目をつけていたわけではなく、ふらっと立ち寄ってみたのですがけっこういいお店ですね~。中国茶をしっかり飲ませてくれますが、お値段が高めだなあと思ったらちゃんとお茶請けも付いてくるし(この日はエッグタルト。甘さ控えめでオイラも完食しますた)、お茶は数杯おかわりできるし。はじめに店員さんによるお茶の淹れ方レクチャーがあって、2杯め以降は記憶を頼りに自分で淹れる仕組みなんです。かんかんにお湯が沸いた鉄瓶も各テーブルに配置されてるしね。んで、お茶によって器もガラスだったり陶器だったり・・・ステキ☆
バイトかもしれないおねいちゃんたちが、お茶っ葉の種類によってお湯の温度やら蒸らし時間やら器やらちゃんと覚えていることには「プロ!」と感動しましたわ。

そんなこんなで初の家族中華街はしゅーりょー。ま、また行きましょーかね、ママン、ばばちゃん。
[PR]
by panemo | 2005-05-09 19:55 | 外食
ラーメンってどうして飲んだ後に食べたくなるんでしょうねえ。。。

てなわけで思い立って品川のガード下にある品達へ行ってまいりました。いつも京急に乗っていると、品川に着いた途端にくんかくんか嗅ぎたくなるいいニホヒが漂ってきてまして、「ああ、これがウワサのラーメン屋集合体のところね」と思っておりましたのです。
その後TVなどでも見かけまして、なんつッ亭の「真っ黒なマー油」てのにいつもウットリさせられているんですけど、本店は秦野だし、品川も行列だっていうし・・・でも万に一つの望みをかけていってみましたわよ。

ま、結論を言えば、この店だけがぐるぐると長蛇の列だったわけで・・・orz

で、2番候補は「東京では食べられない店」にしようと、さいじょうへ。塩ラーメン好きのオイラにはたまらないキャッチフレーズ、それは

「伝説の塩ラーメン」。

いやーんどういう伝説なのかしら~ ワクワクしますねえ。
a0026115_17311872.jpgそして出てきたのがこちら→。すっきり澄んだスープの塩味はなかなか好み♪ さっぱりしていて、飲み干したくなるカンジ。あ、いえ、オイラもそろそろ健康に気を遣う年頃なので飲み干しませんでしたけどね(笑) チャーシューも食べ応えありますねえ。ウマウマ。
そうそう、写真の左に写っているのは温玉でございます☆

すっかり満腹になって外に出てみましたら、相変わらずなんつッ亭の行列は続いておりました。ああ、食べられるのはいつの日か・・・って、並びゃあいいことなんだけどさf(^^;
[PR]
by panemo | 2005-05-08 17:31 | 外食
GWは、養豚合宿(=飲んで喰うだけ)をしておりましたf(^^;
とある日は三崎に行ってまいりました♪ 思ったよりエリア狭いんですねえ。ゴハン食べてお買い物したらとりたてて観光もせずに速攻帰りましたので、滞在時間は4時間くらいかしら。でも満足でございました。

さて、三崎といえばマグロ。
なので、ネットで調べると「マグロづくしにぎり」「ネギトロ丼」「中落ち丼」「カマ焼き」などなどおいしそうなメニウがたくさんあるわけなんですが、オイラはマグロよりもサバや貝が好きなんです。。。
というわけで、地魚が食べられるお店を探してましたら、海鮮という回転寿司屋さん(リンク先は三浦海岸店ですが、オイラが行ったのは三崎港すぐにある沿岸店でございます☆)がヒット。ここは回転寿司とはいえ、注文したその場で握ってくれるというし、地物も揃っているとか。
回転寿司なら気兼ねなく食べられるしね、と着いて早速向かってみました。

a0026115_16335161.jpg入店したのは13時頃。待つこともなく座れたので、ちょうど穴場の時間かしらと思っていたら、その後はけっこう並んでましたねー。ナイスタイミング。
まずはランチサービスの地魚ランチ1050円を1つ頼み、そのほかにそこに盛られてないネタを追加注文してみましたが、地魚ランチは5種類が2貫ずつの10貫。オトクっすね。カンパチ、キンメ、アジ、イカ(多分メトイカというヤツ)、ええと・・・あとはなんか白身(笑)スズキか?
a0026115_16493174.jpg追加は地物を中心に、生サバ、タチウオ(炙り)、肝付きカワハギ、大三現(人気メニウ1貫ずつ3種盛り。この日は大トロ、オーシャンタイガー<エビ>、アオリイカ)500円、黒むつ、赤貝、中トロ、ネギトロ、鉄火、平貝etc... いやー喰ったねえ。さすが養豚合宿(笑)
ちなみにビールは1人あたり大瓶2本分? いやー飲んだねえ。それで単価3000円だっつーんだから安いよねえ。

その後ぶらぶら見歩いたら、普通のお魚屋さんでも店先で食べさせてくれるところがあったりして、めっさ惹かれました・・・お腹いっぱいでさすがに食べなかったけど。
あとは、最近はまっているオイルサーディン作りにかかせないシコイワシが箱売りしていてこれまた買って帰りたい衝動に駆られましたが、生は家まで保たないと涙を呑んでさようなら。
今度車で来るときには買って帰るから、ちゃんと網に引っかかって漁師さんの元へくるんだよ~ そしたらおいしくしてあげるかんね!
[PR]
by panemo | 2005-05-08 16:56 | 外食