グルメ番長、略してグル番によるお食事日記。美味しかった店、気になる店に加えてお取り寄せなんかもしてたりして。写真はすべて携帯での撮影なので、画質についてはご容赦!


by panemo

カテゴリ:お取り寄せ( 15 )

ご無沙汰してますぅ~(最近のエントリの最初はこればっかり・・・)

これは5月の話ですけど、ママンのお誕生日に、前から一度取り寄せてみたかった魚かつさんで、「魚え~セット」をお願いしました☆
これは、「魚をさわるのが苦手な人には危険です!」「お客様からも賛否両論です!」と但し書きがある代物で、10センチ程度の小魚が丸のまま何十匹も入ってて送料込みで1990円という、超お買い得なセット♪

まあ、最近はお魚もだいぶ上手にさばけるようになってきたし、ブイヤベースならぶつ切りでもいいっしょ、と頼んでみたら・・・

「本日は小魚が不漁だったので、大きいのを入れておきました」

ってメモ書きとともに、以下のお魚たちが!

a0026115_1418864.jpg黒鯛
マトウ鯛
レンコ鯛
なんか(名前が思い出せないけど、ヒレがとげとげした白身のお魚。写真では黒鯛とマトウ鯛に挟まれたとこに顔だけ見えてるヤツ・・・)
釣り穴子(すっごい立派な穴子! 釣り針も入ったままでした)
真ダコ(で、でかい・・・)
サヨリ(9条) ←って数えるんだって、こういう細いお魚は☆ _〆(..)メモメモ…

とまあ、これだけ入って送料込み2000円切るのは安いっしょ。1日がかりでさばきまくりましたわ。

a0026115_14183457.jpg黒鯛は真子が入っていたので、お刺身を真子和えに、アラはあら煮に。
真ダコは、ママンが自ら茶ぶりしてぬめりを取って、タコの天ぷらと酢の物と煮物に。
サヨリは開いて塩してから、長ネギに巻き付けてグリルで炙り焼き。
残りはさばいて、アラでダシを取り、身はブイヤベースへとおいしく変身していきました~

いやーしかし、それなりの大きさのお魚でこれだけさばくの大変だったんだから、小魚だと気が遠くなるかもですね(笑) でもまた機会があったら頼みたいな♪
[PR]
by panemo | 2006-09-16 14:18 | お取り寄せ
友人から「知り合いからの紹介じゃないと買えないクッキーってのがあるらしいんだけど、知ってる?」と突然のメール。
なんでも、村上開新堂というフレンチレストランのクッキーとな。そりゃあ早速調べますよぉ。
で、調べた結果・・・ランチの予約は誰でもできるけど、ディナーと、あとこのクッキーの購入は、以前にここで買ったり食べたりしたことがある人でないとダメなんだそうな。
しかーも! クッキーのお値段が、またべらぼうに高い・・・10センチ×15センチくらいの箱で、5500円てのが一番お安いのだそうなf(^^;

でも、運良くこのお店を利用したことがある知り合いが見つかり、手に入れることができましたのだ☆ しかし、予約してから手に入るまでに1カ月を要しました。なんつーか、とことんだな、開新堂のヤツっ(半ば意味不明)。

a0026115_1522835.jpg
でもってこれがその写真。レトロでかわいい包装、開けてぎっしりの中身、これまた懐かしい見た目のクッキーたち!
実は5人で共同購入したので、中身を適当に5等分して、味わってみましたが、たしかにおいしいかも。奇を衒ってなくて、オーソドックス。社内でおわけしても好評でした♪

話のタネにと食いついてみたけれど、いやはや、またオトナの階段が昇れてうれすぃオイラでした(^^) でも、そろそろ財政も引き締めないとな~(>_<;
[PR]
by panemo | 2006-07-31 01:52 | お取り寄せ
サンゲタン(サムゲタン)といえば、韓国の、漢方食材なんかがお腹に詰め込まれたひな鳥を煮た、あのうんまい白濁した鍋(というかスープ)でゴザイマス。
ところがああた、日本にはなんと、本場韓国にもない「サンゲタン・チゲ」なる鍋料理があるんでゴザイマスのよッ。

それは、さとやというお店で売られているコレ
本来、「チゲ」というのは韓国語で「鍋」を表すのですが、日本では「チゲ」=辛い鍋料理、というふうに定着していますから、このお料理も「サンゲタン・チゲ」となったのでありましょう。

まあ、そんな細かい話はどーでもいいッス。
だって、辛くてウマーなんですものっ☆

というわけで、この商品をメインにしたお取り寄せ会が、某日行われたのでありました。
メインにちなんで、韓国料理屋さんからのテイクアウトや、ちょうどソウルに行ってきたばかりの人からは現地のおみやげなど、韓国づくしの会となったのであります。

a0026115_1653392.jpgまずは左上から、ソウルみやげの牡蠣キムチ、イカキムチ、チャンジャ。辛くてウマー☆
下は、お邪魔したおうちのNさんお手製オイルサーディン(下のエントリに書いたように、ほんとオイルサーディン作り、流行ってるんですのよ~)、パルミジャーノ・レッジャーノ、モクモク手づくりファームのサラミ。ねっとりしててウマー☆
大久保から買ってきたキムチ、そして、右に拡大図もありますが、そのお店のチーズチヂミ。ピザのように大量にトッピングされたチーズに海鮮もゴロゴロで、最高にウマイです!
そして右上が、同じくそのお店のナムル5種盛りでした。

a0026115_16533371.jpg続きまして、宇都宮から正嗣の餃子。Hちゃんの焼き加減も最高で、ジュースィでウマーっす。
下がさんまんまという、蒲焼き風なお味のさんまを載せたご飯です。味付けがいーねっ。脂もノリノリ。
右上はたこの飯ずし。このたこがまたやーらかくって、発酵食品とはいえ風味もキツすぎずぱくぱくいただけてしまうのでした。
そしてソーセージは、これまた上記のモクモクさんのでやんす。チョリソーとノーマルの2種盛り。チョリソーおいしかった♪

ほかにも、鮭トバ(つまみに最適!)やらたらこ(お持ち帰りしましたが、一粒一粒がぷちぷち感じられるすばらしいたらこ!)やら、新大久保の「楽園餅カフェ」のお餅(おこわ風のが甘くなくて気に入りました!)やらもございました。しゃ、写真がなぁぁぁぁぃっ。。。

そして、これまたお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、肝心のサンゲタン・チゲの写真もなぁぁぁぁぃっ!!
いやね、取り分けたお皿の写真はあるんだけど、迫力がなかったもので・・・リンク先のお写真でご堪能下さいませ<(_ _)>

はてさて、実はこれら意外にも、飲み物でとっても気に入ったモノがあるの。それはコレ。
黒豆マッコリです☆
a0026115_175477.jpg
味はね・・・

「ソフトクリームのコーンの、最後のほうになって溶けたクリームと融合してへなへなになってしまったところの味」

なんです! しかしこれがクセになるぅ。香ばしいんですよね。マッコリとはちょとちがーう。
早速翌日、新大久保の「南大門市場」でまとめ買いしてしまいました☆
ぜひ、一度飲んでみることをオススメしま~!
[PR]
by panemo | 2006-04-12 17:05 | お取り寄せ

クエを食す会

a0026115_164151.jpg友人が本グエの鍋セットを通常の半額で落札したというので、お相伴に与らせていただきましたー。

そのアイテムは高知農協直販店このセット。これは通常商品だと思うんですが、たまにオークションを開催していて、運がいいと今回のように半額くらいで落札とあいなったと。んーうらやますぃ☆

前に、送料込みセールをやっていたときに買って食べたのですが、たしかにダシがしっかり出ておいしいのです。今回はさらに、本グエの身のほろほろ崩れ加減が絶妙でー!!
赤ワインでいただきましたが、これがまた合うんだわ。白身のお魚にもかかわらず。
あと、セットに同梱のポン酢もおいしいんです。1ビン入ってくるけど当然使い切らないので、重宝してまする。

ほかに食卓に並んだのは、別の楽天のお店・魚かつさんで買ったという業務用平貝。みんなで「平貝、こんなに分厚いまま一口に食べていいのっ!?」と大はしゃぎで食べました。ええ、食べ尽くしましたとも。500gの平貝を、オンナ4人で。それが何か?
ちなみに、奥に写っているサラミはオイラが持ってきたのを出していただいたのですが、これはプランタンの地下で買ったレボーニ社のモノでございます。一度買ってみたかったんだ~ 運良く、盛り合わせパックが売られていたのでラッキーでした。

a0026115_165261.jpgもう一つは、「TITLe」の肉特集号で取り上げられていた一湖房の鴨ロース。これがさー。もうさー。したたる肉汁とでもいいましょうか。。。柔らかくて、んもー。言葉を失いますよ。これこそワインに合う合う。
すっごく気に入りましたが、イイお値段なのでなかなか買えませんわねえ。はうー。



・・・もしかしてお気づきの方もいるかもしれませんが、。。。
はい、クエ鍋の写真がありませんf(^^;
だって、まちきれなかったんだもーん!! さっさとハシをのばして食べ始めてしまいましたf(^^;f(^^;
回し者でもなんでもありませんが、ご興味もたれたらぜひ買ってみてください☆ お味は保証します!
[PR]
by panemo | 2006-02-26 01:15 | お取り寄せ
半年前、「牡蠣のオーナー権」ちゅーものを買いました。a0026115_21345658.jpg

あ、いえいえ、むかーし流行った「牛のオーナー権」とかとは違うんですってば。
養殖牡蠣のイカダ1本の権利を1万円で買うのですが、不漁でも最低110個の保証があるところがポイント高し。2カ所までの送料込みなので、1個あたりの価格は60~70円といったところ。

というわけで先日、牡蠣パーティを開きました♪
12人で100個の牡蠣。うっとり。(ちなみに残りは実家に送っております。30個ちょっと)
4分の1は写真のように生牡蠣で、残りは酢で一度洗ってから殻に戻し、ポン酢をかけてウマウマー。あっちゅー間になくなりましたね。
a0026115_2135664.jpg
クニヒロという、広島の牡蠣会社さんです。来年も買っちゃおうかしら♪
[PR]
by panemo | 2006-02-01 21:32 | お取り寄せ
いつものお取り寄せ会♪
今回はふぐを食べよう!ということで、それに合わせて日本酒かしら、じゃあそれに合わせて牡蠣・・・なんていう風に話が広がって、↓のようなものたちがお取り寄せ&用意されました☆
a0026115_1973128.jpg

上左から順に、
・お手製モノ:おネギやニンニクを散らし、昆布醤油をかけたサンマのお刺身(アブラ乗っててウマー!)、
・小鉢左からお手製の行者ニンニクの松前漬、お手製のわさび漬け(日本酒に合う!)
・お豆腐(お取り寄せ詳細は後ほど)←これでも半分弱しか盛りつけてないの。巨大! オリーブオイルとお塩でいただきます。
・韓国土産のカンジャンケジャンとカニミソ。ミソがまたお酒に合うぅぅっ
てら岡のふぐセットより、ふぐ刺しとふぐ皮。薬味もセットなのです♪ 皮が気に入ってしまいました☆
北勝水産さんのサロマ湖の牡蠣を酒蒸しで。蒸してもふっくらぷりぷりでしたわよ☆
・ふぐセットより、ふぐちり。美味いに決まってるじゃないですかっ。
伊豆グルメさんの、相模湾で獲れた手長エビ。甘い! ミソもウマー!
・東京駅駅前にある「穴子家」の穴子太巻き。穴子の量が半端ないッス。甘すぎず、柔らかくてボリウムたっぷり♪
パティシエ イナムラショウゾウのモンブラン。お酒効いてて美味いでゴザイマス。

これらにビール、日本酒(満寿泉、風の森(だっけ)、宗玄)などなどを10人で飲み食いでございました☆ ほかにも箸休めにおいしいおつけもの、牡蠣キムチなどなどで至福至福。
何を書いても「おいしかった」としか出てこないので(笑)、お写真でご堪能下さいませ~
[PR]
by panemo | 2006-01-28 19:07 | お取り寄せ
先日、所属オーケストラの合宿がありましてね。
オフィシャル役職ではないんだけど、「合宿レク係」ってのに、ここ数年任命され(つーか自主名乗り出なのかも・・・)てるわけですよ。

で。
いつも4~5班に分かれてゲーム対抗戦をするので、その賞品を用意するのに頭を悩ませるのでございます。老若男女問わず喜んでくれて、持ち帰るモノだったら邪魔にならない、みたいな。
んで、このブログでも書いたけれど、前回はリシャールのチョコ、サダハルアオキのマカロン。メサージュ・ド・ローズのチョコにしたらなかなか好評だった模様。なので、今回も食べ物にしてみたのです。

合宿に向かう電車は、東京駅10時半発。
つーことで、当日の朝、9時55分から三越の玄関に待機して速攻で賞品をゲットして、持っていったのであります。

それが、このプリンたち。
香港のペニンシュラのレシピで作られているというマンゴープリンスペシャル(だったかな)! 1260円なーりー。
高い! でも大きいから許す。
a0026115_1739411.jpg



そのほか。左上より時計回りで蒸焼フロマージュブラン、カスタードプリン、マンゴープリンスペシャルに、ライムゼリー載せマンゴープリン(商品名はうろ覚え・・・)
a0026115_17411096.jpg


お味もよろしくて、器もステキでございました。ちなみに器はとある男子がお持ち帰りした模様・・・w
お使いモノにはよさげですよ♪
[PR]
by panemo | 2006-01-28 17:53 | お取り寄せ
元TBSアナの雨宮さんのご主人、と言えばたいていの人が「あー、あー、」と言う(かな)パティシエさんですね、サダハルアオキさん。
パリでは、日本テイストの素材(抹茶、ゴマ、アズキなど)とスイーツをうまく組み合わせていることと、マカロンで人気と聞いていたので、生ケーキは抹茶とチョコ(オペラ)、それから抹茶エクレアとゴマエクレアをお買い上げ。
そのほかに、週末のオケの合宿の宴会景品としてマカロン詰め合わせもゲットしたのであります。

余談:
なぜマカロンなんかを景品にしたかというと、その時の演奏会の曲目がモーツァルトの「パリ」という曲と、ブルックナーの「ロマンティック」という曲だったので、なんとなく「パリー、な感じでロマンティックなもの」という基準で選んだのであります。。。f(^^;
ちなみに他にもその基準で選んだのは、メサージュ・ド・ローズのバラの形のチョコレートと、リシャールのウルトラマンスという、カカオ70~85%の薄いチョコ詰め合わせですのよん。

a0026115_21511336.jpg


でね、生ケーキはというと・・・
最近甘いものが苦手になっているオイラにはもちろん、ケーキ好きなママンも「ちょっと和系のは甘すぎるわね」という感想が出るほど、けっこう歯が痛くなる系の甘さがありました(>_<)
でもね、オペラ(チョコのね)はチョコの苦みと相まって、なかなか箸が、じゃなくてフォークが(?)進みましたのよ。あれは美味しかったー。

そしてマカロンは、別の機会にもお土産で持っていったことがあるのですが、左党の友人が2個3個とぱくつくという珍しい光景を目の当たりにして、オイラは「やはりこのマカロンの人気はうなずけるな~」と一人納得していたのでありました☆ 少々単価は高めですが、お土産にどーぞん。
[PR]
by panemo | 2005-09-02 21:51 | お取り寄せ
a0026115_115295.jpgはーい、翌日から香港旅行(しかも成田に7時半集合)にも関わらず、お取り寄せ会を堪能して参りました!

今回のラインナップは、写真の上から
笹巻きけぬきすし総本店のけぬきすし
ボタンエビ(楽天のどのお店だったかしら)
さくら工房の馬刺(赤身、霜降り、ふたえ桜〈バラ肉〉、こおね脂〈タテガミの脂〉)
へんじんもっこのソーセージセット

a0026115_124955.jpgそのほかに、こっちの写真には写っていますが、シャコ、フグの卵巣のぬか漬け、小鯛の笹漬け、こしょう鯛の刺身もお取り寄せ。そのほかに、場所を提供してくださったN子さんお手製の牛スジのビネガー煮込み、牛肉と香菜のサラダ、インゲンのごま和え、キャベツのガーリックオイルソースかけ(かな?)などなど。すべて美味しゅうございまする♪

本日の発見は、「馬刺のこおね脂は炙るとまたウマイ!」。
もちろん脂単体食べても、ラードとかをそのまま食べるのとは全然違って歯ごたえもあっておいしいんですが、塊のまま一度グリルで炙ってからスライスして食べると、さらにジュースィさが増して、また違った旨味が出るんです。ふふふ。

そしてそして、本日みんなの心を一番とらえたのは肉でも魚でもなく、実は↓の物体。
a0026115_134446.jpg

宮崎は西都産のマンゴー、太陽のタマゴです☆
このお店からお取り寄せしたそうですが、あまりのおいしさに一同感動! シロップ漬けかと思うくらいの甘さ、それでいてベタベタとはしません。
後日、オイラも別のときにお取り寄せをしたのですが、ちょっとナイフを入れただけでも果汁が滴っちゃってモターイナイ思いでいっぱいでした(>_<) いやほんとすばらしい熟し具合ですのよ!

お取り寄せ、次は生ラムジンギスカンの予定♪ ああ、もう楽しみだあぁぁぁぁぁっ☆
[PR]
by panemo | 2005-07-21 01:04 | お取り寄せ
写真だけでしばらくひっぱってしまいましたが、ええ、花見がてらのお取り寄せというかお取り寄せがてらの花見というか、とにかくおいしいもん食べましたわー♪

お取り寄せについては参加者Sさんの日記に詳しいので、そこからリンクだけ拾わせていただきます!
博多『てら岡』の鯖寿司、旬鯖寿司、焼き鯖寿司、穴子寿司、サンマ寿司 どれも絶品!
熊本の塩トマト バルサミコを利かせたドレッシングとバジルでいただきました。ウマっ
フランス産ホワイトアスパラとロシア産キャビア アスパラは山椒バターソースが絶妙のマッチング☆ キャビアは本物ですよホンモノ! 魚卵ってなんでこんなにおいすぃのっ
蝦夷バフンウニ&毛蟹 醤油なんかいらない濃厚なウニと、カニミソたっぷりの毛蟹!
ココから取り寄せたイワシで作ってくれたオイルサーディン バケットに載っけてマヨちょろっとつけてウマウマ。
『おやど鳴子』(小川商店)の生カラスミ(電話注文) 大根スライスに載せてパクリ☆
そして、↑と同じくURLはないけれど、愛媛県『大久保農園 』の「清見タンゴール」「せとか」「黄金柑」。甘いウマイ♪
(TEL0894-36-0326/FAX0894-36-1199  MAIL okb-noen@adelia.ocn.ne.jp)

そのほかに、川崎の北部市場で朝仕入れた鯛で、参加者のTさんが作ってくださったカルパッチョ(ピンクペッパーが決め手!)、お邪魔したAさんお手製のにんじんたらこ炒め(シンプルなのにウマー!)、ある時期しか販売していない絶品オリーブ、Sさんが持ってきてくださったイタリア産生ハム&サラミ(たっぷりでワインによく合う☆)などなど、まー至福至福なひとときでございましたのよー♪

そのほかにも、パンはヴィロンのバケット、デザートにショコラティエ・エリカのマ・ボンヌと充実した食卓でした~

飲み物はワイン、ワイン、ワイン! 初めはヴーヴのマグナムボトルで乾杯♪
そしてカヴァ、スプマンテ、と白の発泡酒を立て続けにいただき、続けて赤の微発泡ランブルスコをくぴくぴと。途中でオイラが持っていったサルデーニャの白、ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラも入れて、またランブルスコ、みたいな。
結局10人で9本のワインが空いておりました・・・

そしてさらに、その後二次会へと繰り出した我々なのでありまする。。。
(続く、かも)
[PR]
by panemo | 2005-04-25 01:53 | お取り寄せ