グルメ番長、略してグル番によるお食事日記。美味しかった店、気になる店に加えてお取り寄せなんかもしてたりして。写真はすべて携帯での撮影なので、画質についてはご容赦!


by panemo

カテゴリ:外食( 127 )

先週は当日お誘いを受けて飲みに行く機会が3回。
ある日はふと時間が空いたので、同僚行きつけのお店に連れていってもらうことに。
「銀座にフレンチのお店を出すも潰してしまったオーナーシェフが開いたマグロ専門店」だそうで、雑居ビルの上の方にあるんです。よくこんな立地のお店見つけたモノですね~
でも、マグロ盛り合わせも1000円であの量と質はないと思うし、のれそれポン酢も堪能したし。それに、マグロすき身とイクラの軍艦巻きはこぼれるほどネタが載っていて感動☆ ほかに卯の花とか白子ポン酢とかあら煮とかも食べたしー。
んで生を2杯飲んだ後は芋焼酎の「古秘」ロック(それもなみなみと注いである)を4~5杯飲み続け、それでも5000円っていうのはやっぱり安いんでないの? でも飲み過ぎですよね、はい。
ところでお店の名前は秘しているのではなく、単に忘れただけです・・・

翌日は後輩の代の飲み会に誘われて、上野へ。8人という大所帯の飲みだというのにお店の予約をしてない幹事Kを咎めつつ、それでも3軒目で駅前の「ちゃぽん」に入れたのでまあよしとしましょう(笑)
お魚メインのお店なのに、オススメと書いてあった上ミノの唐揚げとか馬刺とか頼んでみたり。あ、寒ブリのお刺身もおいしかったッス。あとは莫久来(ばくらい=ホヤとコノワタの塩辛)はおかわりまでしていただきました。だって置いてあるお店少ないんだもん。。。
で、この日の飲み物は生2杯に焼酎(角玉、虎徹、紫育ち、碧い海)でございました。みんな焼酎飲みでよかったわん。

a0026115_23485294.jpgさらに翌日。別の後輩から「サク飲みしない?」とお誘いがあり、いつもの飯場へ。
んで、結論から言うとまたいつものようにサク飲みにはならず、気付けばお互い終電がない時間になっていたわけで・・・(>_<) まあいいんだけどさ。
最近このお店では「トロ鯖の炙り」がお気に入り。他には野菜が食べたかったのでアスパラや椎茸の串揚げ。この2品、美味くて必ず頼みます☆ あとは本日のメニウから「地鶏の刺身盛り合わせ」。砂肝を胡麻油とお塩でいただくのが最高にウマー。
んでもってこの日も生2杯に焼酎を・・・あああ覚えていない自分がかなり哀しい悔しい年頃ですが、おそらく4杯は飲んだと思われ。もうこれがオイラの定番の酒量なのねうんうん。
ひとつだけ、お店の焼酎ブラザーズがオススメという芋焼酎「本垂」が非常に美味しかったのはしっかり覚えてます! 偶然にも、上野で飲んだ「角玉」を作る、揖宿の佐多酒造のモノだそうな。
a0026115_23493220.jpgあそうだ、あとは「酒肴盛り合わせ」が、いつもの鮎の子のうるかとアワビのウニ和えのほかにハマグリの酒盗が入っているというので、「ひな祭りだし~ ハマグリ食べなきゃ!」という義務感に駆られ頼んでしまいました。でもホントお酒に合うんだよねー。ヤバイよねー。

でも最近、体重は低め安定です。でもお酒は控えめにした方がいいですか? るるー。
[PR]
by panemo | 2005-03-06 23:53 | 外食
所用で人形町に立ち寄りだったので、ランチは人形町探索しましょ、と、はじめはキラクでポークソテーもいいかな、と行ってみたら満席の上にさらに壁沿いに一列・・・(>_<) まだ11時半なんだけどっ!
というわけで、次に向かったのは小春軒。親子丼の行列で有名な玉ひでのすぐ並びの洋食屋さんです。

a0026115_0303919.jpgこちらは入ってみると、4人掛けテーブルにそれぞれ1人か2人のお客さんが座っているだけ。相席当然と聞いていたのでラッキー♪ 人気メニウは「特製盛り合わせライス」らしいのだけど、フライを食べたい気分ではなかったので「かじきまぐろバター焼きライス」にしてみましたが、小さいイカフライと、イカが混じったかき揚げみたいなフライがおまけのようについてきました(もちろんデフォルトの仕様と思われます)。
常連さんは「鮭バターに1個付きで!」とか頼んでいて、「1個付きとはなんぞや」と気になっていたのだけど、推測するにコロッケとかメンチカツとかを追加でつけられるようですね~♪ ほほう。また来たらなんかやってみるかね。
カジキもおいしかったですよん。800円だし、良き哉良き哉。

でも、早いランチだったので15時頃すでにお腹が空いていたのはナイショさあヽ(´ー`)ノ
[PR]
by panemo | 2005-02-20 00:31 | 外食
昔はサワー程度しか焼酎が飲めなかったオイラもすっかりオトナになって(笑)、ロックはがんがんイケる野郎になりますた(未だにお湯割りはあまり好きではないけど)。

で、焼酎が飲みたい気分のこの日、前から目をつけていた銀座 一の屋に行ったのでございます。門仲にあるのは知っていたのだけど(何故か開店時にDMが届いた)、その支店が昨秋銀座にできたなりね~♪

a0026115_23592447.jpgメニウはどれもこれも惹かれるカンジ。お値段は安いとは言えないけど、まあ高すぎずってとこかな~? なんといっても焼酎の品揃えが多いなあ。芋だけでA41枚分くらいあるし☆ なので、焼酎に走るのを見越してつまみをチョイス。へしこがあるのが珍しくて嬉しいッス(^^) ちびちび食べましたとも♪ あとはたら白子ねぎまぶし、手羽先の昆布〆岩塩焼き、千代幻豚の肩肉炭火焼き、牛すじ小鍋コトコト煮、とろ~り生湯葉と温泉玉子の一番出し仕立て、穴子の白焼き、すっぽん雑炊!

a0026115_01444.jpg・・・2人でよく喰ったな~(笑)
全部おいしかったけど、特に手羽先はお肉が弾力あっておいすぃ~ 昆布が埋め込まれてるのがまたおもしろい☆ 牛すじは、大根と煮てあるのかと思いきや、その大根に見えたモノはアキレス腱だったみたい! コラーゲンぷりぷりですよぉ♪ すじ最高!
で、焼酎は、黒糖の三年寝太蔵、芋のあやかし福助、南薫、ひとり歩き、宝山 蒸撰綾紫をロックで。あ、これはオイラ1人で飲んだ分ですからねf(^^; 飲み過ぎ? 飲んだことないのをセレクトしてみたんだけど、どれもおいしかったッス。なんか最近黒糖焼酎好きかも・・・
[PR]
by panemo | 2005-02-20 00:06 | 外食
とある日曜日、中華街でゴハンを食べようということになってふらりと横浜まで。
中華街はちょくちょく行っているけれど、よく考えたら買い食いしたり買い出しして帰ったりばかりで、お店に入って食べたのって実は少なかったなりねえ。
そこで、決行はされなかったのだけど前にグルメ会を計画したときに決めていたお店、福満園に行ってみたなりよ。

a0026115_0522247.jpg本館と新館があるのだけど、オイラが入ったのは本館のほうかな。四川料理と福建料理がいただけるのです。
福建料理といえば、発酵系調味料を使っていたり、牡蠣やマテ貝、タニシみたいなクセのある食材を使っていたりするので、きっと人によって好き嫌いがあるなりね。なので一緒に行く人を選ぶなりが、今回は好き嫌いの全くない健啖家の友と行ったのでその点は心配無用♪ そして、季節もちょうどよかったので「牡蠣のお好み焼き」をオーダーしたのでした。

その他に、炭火焼きチャーシュー冷菜(雲白肉っぽくておいすぃ)、豚足の醤油煮込み(安いのにがっつり)、豆苗の炒め物(いい具合の塩加減!)、そしておこげ(これは普通・・・)で〆にしましたとさ☆ 牡蠣のはお好み焼きと言っても、オムレツのような仕上がりで、玉子焼きの真ん中に牡蠣とおネギのみじん切りが入ってる感じ。いい風味なんですわこれも。

んで満足して帰途についたんですけどね、パーキングの駐車券をなくすというオチがついたのは痛かったわ。。。
[PR]
by panemo | 2005-02-15 00:50 | 外食
前夜「イシバシ・レシピ」を見ていたらカキフライでした。
オイラ単純なんで、その瞬間から「カキフライ喰いてぇ・・・」と口からおよだが滂沱。

てなわけで翌日のランチはカキフライ。近場でおいしいところってことで、煉瓦亭の新富本店(銀座煉瓦亭ののれん分け店です☆)にていただきました。
a0026115_18534228.jpg

揚げ加減もばっちりで、中の身がぷっくらウマウマです♪
タルタルソース派なオイラには嬉しい、具だくさんのタルタルソースにカキフライが6個。きゃー。
ごはんつぶの量がちょっと多かったけど、カキフライにつられて完食してしまいました(笑)

まだまだ牡蠣の時期だし、イシバシ・レシピでカキフライ作っていたレストラン大宮にも行ってみたいな・・・
[PR]
by panemo | 2005-02-02 18:53 | 外食
某日、某国のレセプションで立食パーティがありましたの。
ワンプレート分と、赤白ワインを1杯ずついただいてさあお開き、のタイミングで電話に着信が。
K嬢から「アロッサでワインが飲みたい気分なの!」との電話でございました。

数日前にホームパーティで一緒にワインを空けた仲ですし(笑)、それにちょうどこちらも青山にいたので二つ返事で了解。オレ的にはひっさしぶりのアロッサへ向かいましたのだ。

まずは赤のスパークリングで乾杯♪ あとは「2人で赤と白1本ずつは確実に飲みますから!」と宣言して、ワインをセレクト。まず白はNZのVavasourの・・・シャルドネだったよね?(←もう忘れてる・・・) これは先日のパーティでK嬢が持ってきてくれていて、そのときも好評だったワインなり。
赤はVASSE FELIXのカベルネ・メルロー(だったはず)。これはオーストラリアのワインですのね。これもオレたち好みのおいすぃワインでした☆

さてさてお食事はというと、正式名称は全て忘れましたが(汗)、まずイノシシのハムとカブのサラダ、タイ風のエビのパスタ。そしてラム肉のおいしさに目覚めていた我々は、絶対外せないなとラムローストを頼んだら、「今日は乳飲み羊のローストもあるんですよ!」とオススメが☆
ほら、羊肉には特有のニオイってありますわよね。あれが苦手なヒトも多いかと思うんだけど、あれは羊が草を食べると生まれるんだそうなんです。でも、乳飲み羊は当然まだ草を食んでないのでそのニオイがないんだそうな☆
こちらとしては、あのニオイあってこその羊という気もしてたんだけど、やっぱ珍しいものは体験するに限る!ということでそれを注文。いただいてみると・・・なんかね、食感としては鶏肉みたい! 線維に沿って肉がほぐれる感覚が、まさに鶏のようなんですわ。もちろん臭みはゼロ。色味が赤くて、スペアリブ状に骨ががっちりついているから羊だと認識するけれど、知らないで目隠しで口に入れたらわかんないかも・・・(いやもちろん、全然食通じゃないからわかんないんだどもっ)

てなかんじで無事赤ワインまで飲みきり・・・かけたところで、カウンターに座っていた我々の目の前をおいしそ~なブルスケッタが通過。思わず2人で「それ食べたい!」と追加注文してしまった健啖家の我々f(^^;
最後にグラスワインをちょろっといただき、大満足の夕べが終了したのでありました♪
2人で行くと値は張るけど、やっぱアロッサおいしいわー。家と反対方向なのがネックだけど、ちょくちょく行こうかな☆
[PR]
by panemo | 2005-02-01 13:15 | 外食
先日このブログでも「メモメモ」したつきじ 高野。ランチでさまよった挙げ句、本願寺近くまで来てしまったので一念発起で行ってみることに。

もう13時半近くになっていたので、運が悪ければランチも終了してる時間帯。でも、風情のある店先にはまだ看板が出ていてラッキー♪ 先客もいらっしゃったので、ほっとしてカウンターへ。接客してくださったお姉さんも感じよかったし、調理場のヒトもにこにこしててなんかこっちも微笑んでしまう(笑)
a0026115_0333626.jpgお料理は、焼き魚だけでも5種類くらいあったので迷えます(^^) オイラはこの日はお口が「塩焼きモード」だったので、迷わず「鰺の塩焼き」定食にしました。
焼き魚はちょっと時間かかるみたいだったけど、ちゃんと串に刺して塩を振るところから始めていて感動☆ もちろん、レンジでチンが出てくるわけはないのはわかっているけど、蒸気たっぷりのグリルでじっくり焼いたものがランチでいただけるなんて嬉しいじゃないですか~☆ 出てくる間は、先に出されたブリのあら煮のお鉢などをいただきつつ、目の前のグリルを見つめておりました(笑)

これにお味噌汁、ごはんつぶ、デザートに果物をいただいて1300円ですが、この鰺また大きくてねえ。身は実にジュースィで、骨離れもよくてペロリですよ~! ヒレには化粧塩も施してあるので、なんか凄く充実感満載のランチ♪ 幸せ~

少々会社から歩くのが難ですが、これならまた伺います! 次も焼き物かな☆
[PR]
by panemo | 2005-01-31 00:33 | 外食
1月某日
a0026115_23253850.jpg#週末のパーティに持っていくマリネ用の活ダコを買いに、ランチタイムに築地まで。ついでにお昼も済ませましょうとうろうろしていて目に留まったのは「生ウニ定食」

ああっここは、築地通の方の間で「お店閉めちゃったのか、ご主人の体調でも悪いのか」と昨年話題になっていた鈴木水産じゃないですか!

そう、お刺身もおいしいし、なんといっても生ウニが1舟ついた定食が食べられることで有名なこのお店。ウニ好きのオイラとしては、このタイミングで寄らない手はないでしょう☆ ということで早速カウンターにそそっと入り堪能なのです。

北海道あたりで「新鮮な魚介のたっぷり載った丼だワーイヽ(´ー`)ノ」っていうのもいいんですけど、1舟が自分用にあてがわれてると思うとなんか豪勢な気分なんだなこれが♪ ほかにはマグロとカンパチっぽい中落ち少々、お魚(何かは忘れた)煮付け1鉢、お味噌汁にごはんつぶで1000円。ウニは大振りで輸入物だなーって感じでしたが(てかよく見たら、ウニの木箱に「アメリカ産」って書いてありました・・・)食べでもあってよいのではないかと。

お刺身もおいすぃらすぃ~! 次回はぜひお刺身で。
[PR]
by panemo | 2005-01-30 23:25 | 外食
部の新年会&バイトさん送別会を兼ねて、「アンコウ鍋が食べたい」との要望を受けたグル番(=オイラ)がチョイスしたのはほていさん。以前に「アンコウ」でネット検索をしていたときにひっかかったお店だったよーな。月島にあるなら行きやすいしということで、定期的にグルメ会を催す友人などなどに「いつか行くべし!」とお知らせしまくりましたがねー。

でもなかなかみんなの都合が付かず、結局会社の人間と行くことに(笑)。まあ、うちの部のおぢさまたちは嬉しいことに「おいしいものが食べられるなら電車に乗って飲み会に行くのも苦ではない」という方々なので、月島まで連れていきましたともさあ。

a0026115_1715432.jpg月島と言えばもんじゃなんだけど、路地裏にこんないいお店があるのね~ わざわざ電車に乗った甲斐がありました☆ ウワサ通り、鍋の前に出るお刺身は厚切りでプリプリで。ウニもぜんぜん生臭くないし。それに、なんと言ってもシャコが美味しくってさー!! 子持ちではなかったけど、「あー、シャコって意外とジュースィなんだ」と感心しますた。
そしてお刺身が食べ終わらぬうちにカセットコンロと土鍋登場。こっそりフタを開けてみると、そこには味噌混ぜて嵩を増やしたんじゃないかと思うくらい大量のあん肝が一面を覆っておりました(もちろん混ぜてなくて、全てがあん肝。わーたまらん)。
沸騰してきたらあとはお店のおねいさんが肝を溶いてくれて、お皿にも盛り分けてくれて。だからこちらはひたすら食べるほうに専念できちゃいます。
もうねー、アンコウの身もほんとたっぷりなのよぅ。スープはお出汁でまくりだしね。小どんぶりくらいの大きさの取り皿に2杯分くらいの割当になるけれど、ほんとお腹いっぱいになりますわ。

そして〆はもちろんお雑炊です☆ ああ濃厚なエキス。卵と万能葱の歯触り。かなりお腹いっぱいなんですけど箸が止まらず完食でございます。
最後にはお新香(キュウリと大根)も出していただけるので、のんびりお茶など飲みながら食後の語らいをするもよし。2時間半制なんだけど、さくさくと食べ物が出てくるし仕切ってくれるので、意外と最後はたっぷり時間あります。
でも、うちらより30分ちょっと遅れてきたのに、30分早く帰った隣の8人組はなんつースピードで食べてたんだ。。。

予約は最低2週間前くらいがよさそうな気配。オイラが伺った日も満席で大にぎわいさあ。
ちなみに生ビール2杯に焼酎(ボトル)飲んで、@7000円でした。安いほうだぜよ。一度は行ってみて♪

そして帰りはぽんぽんのお腹に不安を抱き、徒歩で帰宅してみました。。。w
[PR]
by panemo | 2005-01-19 17:08 | 外食
このブログの初期に何回か登場していたシンガポール・シーフード・エンポーリアムにひっさびさに行こうと意気込んでランチに出陣! ところが・・・時刻はすでに13時半にもかかわらず、なんと8人待ちですよお客さん。。。
営業時間は14時半までだとはいえ、オフィス街のランチタイムピークはとっくに過ぎているというのにこの人気ですか!Σ( ̄□ ̄;) 一時期、アド街とかテレビにいろいろ出てたからそのせいかと思っていたけど、半年経ってもこの状態というのは、もうすっかり人気が定着しちゃったのね。うん、だって味は美味しいし大盛り無料だしドリンク飲み放題だし、高いものでも1000円だから育ち盛りさんにもってこい☆ だからこの行列も肯けるのですが、えーんせっかく15分も歩いて食べにいったのにー(>_<)

しかたがないので、一緒に行った後輩と「別んとこ行くかー」と、そのまま東京駅へ。八重洲北口と丸の内北口を結ぶ通路に面したあたり、昨秋においしいもの横町みたいのがオープンしたのです。地下1階は「黒塀横町」、1階は「キッチンストリート」で、特に1階のほうは有名店のセカンド(というかかなり簡易版)チックなお店が多いので、試してみたかったなり。

ですが・・・どこもかしこもどうも決め手に欠けて(^^;
とりあえず「ごはんつぶが食べたい」という共通の欲望のもとに、京橋ドンピエール エクスプレスカレーに入店。ここは名前の通り京橋にあるドンピエールのカレー専門店なりね。オーソドックスなビーフカレーのほかに5000円もする「ごちそうカレー」とか「カレー雑炊」とか、ちと興味惹かれるメニウも豊富(でも5000円も払いたくないけど・・・)。結局オイラは1600円の鴨カレーにしてみました。

a0026115_16284323.jpgほろっと煮込まれて崩れてる肉片もあれば、しっかり形を留めている肉片もあり。全体的には甘めのカレーで、おいしかったけど別に鴨じゃなくてもいいようなf(^^; 確かにチキンカレーとは違う味わいだけど、ビーフカレーとはそんな変わらないようなf(^^;f(^^; すみません、オイラそんなにカレーに造詣が深いわけではないので、素人意見ですからお気になさらずに。。。単に、「鴨」と言われなければわからなかっただろうなきっと(汗)、ってだけのことなんです。。。

次回は「塩味のカツ丼」を謳っていたお店に行ってみようかと思います♪
[PR]
by panemo | 2005-01-19 16:28 | 外食